あらすじ

 東海地方にその名を轟かせる繊維業で大成功を収めた、井上銀蔵の残した財閥は三人の兄弟のうちに分けられた。長男が会社を継ぎその一族は今なお経済界に大きな影響力を有している。

次男は自らの事業が時流に乗らず、父親の残した財産を使い果たし、今は小さな資産家として悠々自適に暮らし、変わり者の三男は絵画、美術品に目覚めたが目利きが効かず、これまた中規模の資産科家に留まってしまった。

 そんな中、三男筋の二世代後の浅井繁博が跡継ぎに選ばれ誕生日パーティーを別荘の一つで行う事になった。

42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

テスト

てすと